お香・キャンドル・仏具などの通信販売
お仏壇の『株式会社 阪本』
〒644-0013
和歌山県御坊市湯川町丸山
477-5
フリーダイヤル 0120-37-8080
TEL:0738-23-3511
FAX:0738-22-9376
営業時間 9:00〜19:00
定休日 月曜日
お念珠(数珠)
お念珠・数珠(じゅず、ずず)は、穴を開けた珠に糸の束を通し輪にした法具で、仏を念ずる時に
用いる珠との意味から「お念珠(ねんじゅ)」とも呼ばれます。(梵語で「ハソマ」という)

「仏説木○(○は木辺に患)子=むくろじ経」には、釈尊が災いを防ぐために、むくろじ
の実を使いお念珠を作ったとされている様に、お念珠を身につけることにより災いを取り除き、平穏や安らぎを得られるものとされています。念仏の際に音を立てて揉んだり、真言・念仏の回数を数えるのに珠をつまぐる目的などで用いられます。
念仏の回数を問題にしない浄土真宗などの場合は、仏前での崇敬の念の表れとして用います。

 お念珠の珠の数は、人間の持っている煩悩の数108個のものが正式とされ、煩悩を滅するためと言われています。宗派によって正式な形が違いますが、略式の一連の「片手念珠」はどの宗派の方でもご使用になれます。また ご自分の宗派のお念珠を持っていれば良く、お参り先の宗派は問いません。
お念珠(数珠)のメニュー
お念珠(数珠)の取扱のご注意 お念珠(数珠)を取り扱う上でのご注意
お念珠(数珠)のこと
浄土宗のお念珠(数珠) 浄土宗のお念珠(数珠)
浄土真宗のお念珠(数珠) 浄土真宗のお念珠(数珠)
天台宗のお念珠 天台宗のお念珠(数珠)
真言宗のお念珠(数珠) 真言宗のお念珠(数珠)
禅宗のお念珠(数珠) 禅宗(臨済宗)のお念珠(数珠)
日蓮宗のお念珠(数珠) 日蓮宗のお念珠(数珠)
ウデワ念珠(数珠) ウデワ念珠(数珠)
お念珠(数珠)の修理 お念珠(数珠)の修理について
お念珠(数珠)についてお気軽にお問い合せ下さい。
お仏壇の阪本の店舗 ⇒ 店舗の案内はこちら
お気軽にご相談下さい⇒ お見積り・お問い合せはこちら
こちらからお買い求め出来ます ⇒ ショッピングカートはこちら

お念珠(数珠)を取扱う上でのご注意

お念珠(数珠)は数珠袋に入れましょう
・法具なので、大切に扱いましょう。
・携帯時は数珠袋(念珠袋)など専用の袋に入れましょう。【写真1】
 直接ハンドバッグなどに入れると房や玉を痛めたり切れる原因に
 なります。
・置く時は鞄や念珠袋、ハンカチなどの上に置き、畳の上などには
 直接置かないようにしましょう。
・お仏壇の前では念珠(数珠)掛けがあれば便利です。【写真2】
・一般的にお念珠(数珠)を持つ場合は房を下に垂らし左手に持つか、
  左の手首に下げましょう。
・ウデワ念珠(数珠)は左手にはめ、通しているゴムは水に濡れると
  切れやすいので台所やお風呂でははずしましょう。
 またトイレなどの不浄なところでも、はずしましょう。

浄土宗用のお念珠(数珠)

浄土宗のお念珠(数珠)
  浄土宗では、必ずお念珠(数珠)を持つことが壇信徒の
  心得とされています。


・ 正式な浄土宗のお念珠(数珠)は右の写真のように二つの数珠
  を交差させたような独特な形です。これは毎日たくさんお念仏
  (南無阿弥陀仏)を唱える事が大事との教えから、お念仏を数
  えるために考えられました。そろばんの様にお念仏を唱える時
  に繰り、一周すると別の輪の玉を一つずつずらし、最終的には
  三万から六万編唱えられます。
・ 普段は左手で持ち、合掌時には写真のように両手の親指と
  人差し指の間に両方の輪を入れます。

 ※ 浄土宗のホームページはこちら


浄土真宗のお念珠(数珠)

浄土真宗のお念珠(数珠)
浄土真宗ではお念珠を繰りながら念仏を唱える事がない為
珠の数は関係なく材質も問いません。

一般的には一連の略式念珠を使用します。

浄土真宗(真宗教団連合)のホームページはこちら

天台宗のお念珠(数珠)



真言宗のお念珠(数珠)



禅宗(臨済宗)のお念珠(数珠)



日蓮宗のお念珠(数珠)



ウデワ念珠(数珠)

ウデワ念珠(数珠)
いつも身につける事によってお守りのように災いを取り除き
平安が得られます。また自分自身の戒めにもなります。
またファッションのアイテムとしてもたくさんの種類があり
ます。
最近では水晶は幸運を呼び込む石だとか、虎目石は金運
仕事運を良くするとか言われ買われる方が増えています。
効能の程はわかりませんが、ウデワ念珠をつけることに
よって、前向きな気持ちになることは良いことだと
思います。


お念珠(数珠)の修理について

お念珠(数珠)の修理について
・永年ご使用されると糸が切れたり、房が傷んだり、珠が欠けたりする
  ことがありますが、ほとんどのものは修理出来ますのでご相談下さい。
・糸が切れると縁起が悪いと思われますが、切れないお念珠(数珠)は
  ありません。逆に悪縁を切るといって不吉なことではありません。
・使わなくなったお念珠(数珠)はゴミに棄てないで、当店へお持ち下
  さい。毎年11月23日に京都洛北の赤山禅院で行われる「珠数供養」
  に持参し、お供養してお焚き上げします。
  もちろん無料です。

 ※お念珠(数珠)についてご不明な点・ご相談などありましたら
  お気軽にお問い合せ下さい。