仏壇について

butsudan

  1. ホーム
  2. 仏壇について
  3. お仏壇のお荘厳(飾り方)

お仏壇のお荘厳(飾り方)

お仏壇のお荘厳(飾り方)は各宗派によって異なります。
基本的には、お仏壇はお寺の本堂を小さくしたものですから、すべての宗派とも本堂の飾り方を参考にされれば良いのですが、お仏壇のサイズには制限があるので、後ほどにある各宗派の飾り方を参考にして下さい。
また地方によって若干異なる場合があります。
さらに詳しい飾り方に関しては、菩提寺もしくはお仏壇の阪本までお問合わせ下さい。

五具足と三具足

五具足

たくさんの種類がある仏具の中で、一番基本となるのは五具足です。
五具足とは、花立2本、ローソク立て2本、香炉1本、計5本の仏具の事で、法事などの仏具の
時は五具足にします。(丁寧な飾り方です)

三具足

普段は三具足(花立、ローソク立て、香炉各1本)にします。絵のように向かって左に花立、
右にローソク立て、中央に香炉を配置します。

浄土宗のお荘厳(飾り方)

浄土真宗のお荘厳(飾り方)

天台宗のお荘厳(飾り方)

真言宗のお荘厳(飾り方) 

禅宗のお荘厳(飾り方)

日蓮宗のお荘厳(飾り方)

小型(タンスの上に置くような)仏壇のお荘厳(飾り方)